愛車に傷が!修理とメンテナンスの方法

 

テクスチャー01大事な車に傷がついてしまうとそれだけで気分も落ち込んでしまいます。修理にも数万円かかることもざらなので、落ち込むのも止む無しといったところでしょう。また、自分自身で何かに当ててしまって付けたものならまだ納得ができる部分もありますが、止めておいたときに誰かにイタズラされてできたものだと本当に納得できないでしょう。そのようなときにはまず最寄りの修理工場などでプロに直してもらったら幾らかかるのか見積もりをまず取りましょう。プロが塗装や板金でほとんどわからなくなる程度まで修理するので金額もかなりかかるかもしれません。金額が高すぎて出すことができないようなときは自分で直す方法を考えましょう。ホームセンターやカー用品店でタッチペンが売っているので、自分のボディカラーと同じ色番号のものを買ってきます。上手に塗ることができれば遠目にはわからない程度くらいには直すことができるでしょう。また自分で直すものとプロがおこなうものの中間くらいのものとして、最近ではガソリンスタンドやカーディーラーで簡易な補修もしてくれます。これはプロがおこなうものの、補修手順を簡易にしているため、完全にわからない程度にはなおりませんが、自分で行うよりははるかに綺麗にしてくれるので、このようなサービスも考えてみても良いでしょう。