いたずらで引っかき傷を付けられたら

大事にしている愛車にいたずらで引っかき傷を付けられたという話を聞いたことがある人も多いでしょう。犯人が見つかれば賠償してもらうこともできのですが、そのようないたずらは犯人がみつかることが多くはありません。新車だったりすると他の部分がきれいであるから余計と傷が目立つことになります。そのようなときにはガソリンスタンドやカー用品店での簡易な補修を依頼することもできるのですが、数万円はかかってしまうので修理をためらっている人も多いでしょう。そんなときに重宝するのがタッチペンです。付けられた傷の境目ギリギリのところまでマスキングテープで覆います。マスキングテープがかぶっていないところが傷の部分となり、その傷に対して同色のペンの色を付けていきます。一度につけるとムラになりやすいので、乾燥させながら何度かに分けて塗っていきます。全部分塗れたらしっかり乾燥させます。完全に乾燥したらマスキングテープをはがす前にサンドペーパーで少しずつならしていきます。この時に必ずマスキングテープが貼っていないところまで磨いてしまわないように気をつけましょう。最後にマスキングテープをはがすと段差があるので、コンパウンドで磨いて目立たなくします。完全に綺麗にはならないですが、遠目には目立たなくすることができます。

Comments are closed.