車両保険について

車両保険とは、いわゆる自動車保険のことです。
これには、自賠責保険と任意保険がありますが、一般的に自動車保険という場合は後者を指します。
自賠責保険は加入が法律で義務付けられていますが、対人補償のみであり、その金額にも限度があるので、あまりにも多額の賠償金を請求された場合は対応できません。
しかし、任意保険に加入しておけば、そういった場合でも対応が可能になります。
例えば、人身事故だと、状況によっては億単位の賠償を請求されることがありますが、自賠責保険では3,000万円までしか補償してもらえません。
ですが、任意保険で対人賠償を無制限に設定しておけば、自賠責保険では賄いきれない部分を補填することができます。
そして、任意保険の補償内容は、対人賠償だけではありません。
他人の車や建物などに損害を与えてしまった場合には対物賠償保険がありますし、自損事故で乗っている人にケガをさせてしまったり死亡させてしまったりした場合には自損事故保険が、事故を起こした相手が保険に入っていなかった場合には無保険車傷害保険が、他人の車を運転している時に事故を起こしてしまった場合には人身傷害補償保険がある他、盗難に遭った場合の保険などもあります。

Comments are closed.